MENU

赤みのあるニキビ跡の原因って!?消す方法は継続的なケアのみ

赤みのあるニキビ跡の原因と消す方法

 

ニキビの炎症が完全に治ったとしても、しばらく放置していると、ニキビ跡に赤みが残ってしまうことはよくあるものです。

 

こうなってから気付く方も多いのですが、重要なのは継続的にケアを行なっていけば充分に薄くなりますし、肌から完全に"消す"ことも可能だということです。
ただ、時間が経てば経つほど肌と同化していき治りにくくなる可能性もあるので、なるべく早めに対処していくことが大切です。

 

場合によっては数ヶ月を経ても赤みがなくならないことももちろんあります。ここではニキビ跡の赤みを消す方法について詳細に解説したいと思います。

 

ニキビ跡の赤みの原因?残ってしまうのはなぜ!?

毛穴が詰まってニキビができると、炎症が発生する大元の原因「アクネ菌」が繁殖して白血球をだして、それらと肌を守る免疫システムがアクネ菌と戦うことで炎症が発生するのです。

 

また、炎症は周囲にある細胞を破壊してしまいます。すると免疫反応によって傷ついた細胞を治すための活動が始まるのですが、その際に修復作用に必要な栄養素を運ぶための毛細血管が作られます。その結果、傷ついた肌を治そうと患部に集中的に毛細血管が増えるので、その部分が赤くなって見えるのです。
こうなるとお肌のターンオーバーも正常にならなくなり、赤みが消えにくいというところまで進行してしまいます。

 

さらに周囲にその症状が進行すると、毛細血管が傷つけられてしまい、うっ血したり、肌表面は治癒しても奥に炎症が残ったりして、赤くなったまま跡が残ってしまうということになります。

 

アクネ菌とは?

アクネ菌の正式名称はプロピオニバクテリウム・アクネスといい、常在菌の一種です。常在菌というのは、普段からヒトのからだに住みついている菌のことで、代表的なものには腸内細菌が挙げられます。アクネ菌も他の常在菌と同様に、善玉菌と悪玉菌が存在するといわれています。皮脂を好み、増殖する特徴があります。異常な増殖をしなければ問題はありません。

 

赤みのあるニキビ跡に効果的なケア方法

 

ターンオーバーの促進

この赤みのあるニキビ跡を効果的にケアする方法としては、まずは肌を清潔に保ち、保湿を心掛けながら正常な28日周期のターンオーバーを何度か繰り返すうちに、少しずつ薄れていく赤みもあるということ。ニキビ跡の赤みができてしまったら、何よりもターンオーバーが健全に行われるようにし、細胞の新陳代謝を活発化させることが大切です。

 

普段のスキンケアに以下のターンオーバーを促進させる成分を効果的に活用しましょう。

 

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • セラミド
  • アスコルビン酸
  • レチノイン酸
  • プラセンタエキス
  • トコフェロール

 

炎症を抑える

炎症がいつまでも肌の内部で長引いているのが原因のこの赤みのニキビ跡には、炎症を抑えていく必要があります。また炎症は最終的にメラニンへと至るので、酸化されたメラニンを還元することが出来れば、シミとして定着することを防ぐことは可能です。

 

炎症を防ぐ、抗炎症成分として取り入れたいのが、グリチルリチン酸が肌にも優しくておすすめです。またもっと安全性が高く穏やかな成分としては、ビタミンC(L-アスコルビン酸)を含有したケア製品があげられるでしょう。ビタミンCは高い抗酸化作用を持ち、酸化されたメラニンを還元して肌の色をもとに戻す効果がある特徴も、この赤みのあるニキビ跡に最適でしょう。

 

後は、ターンオーバーを健全に保つうえでも生活習慣の見直しは必須といえます。質の高い睡眠や肌の再生を促す食事、運動など意識的に生活の中に取り入れるように心がけましょう。

 

まとめ

ニキビ跡の赤みは、肌の奥に炎症が残っていたり、色素沈着しかかっている状態です。放置していると色素が残ってシミになってしまうので、早めにケアをしていかないと自分でのケアが非常に難しくなります。同時に肌のターンオーバーを正常化させるケアや生活習慣の見直しも行うべきでしょう。

 

  • 肌内部の炎症を早く抑える
  • ターンオーバーの促進
  • 健全な生活習慣の見直し

 

肌のターンオーバーは意識していても中々正常化まで時間がかかります。なので、この赤みのあるニキビ跡が治るまで数ヵ月は必要ということは理解しておきましょう

 

全然消えないからと言ってあきらめず、しっかりとスキンケアを継続してターンオーバーを正常にしていくことが大切です。これらのことを意識して習慣化すればこれ以降ニキビに全く悩まされないお肌が出来上がるかもしれませんから。


関連ページ

茶色いシミっぽいニキビ跡である色素沈着の原因と改善方法
ニキビ跡の放置による油断で色素沈着が原因によりできてしまう茶ニキビ跡。なんだか痛々しいし、メイクで隠すのも大変だしできれば早くに改善したところですよね。3つの解説ポイントでケアの方法を紹介します。
クレーター(凸凹)ニキビ跡の原因とケア方法!
クレーターのニキビ跡は、凹凸のあるボコボコのニキビ跡のことで、特に治りが遅いことで知られています。ここではクレーターのニキビ跡の原因とケア方法対を解説します。
ケロイド状のニキビ跡は体質の問題!?未然に徹底予防する方法まとめ
セルフケアでは根治が不可能だといわれるケロイド状のニキビ跡は体質=遺伝的な要素があるのです。未然にニキビや傷跡を増やさない予防策が唯一の方法です。ここでは、クレーターニキビ跡の原因や徹底予防策をご紹介しています。
このページの先頭へ