MENU

茶色いシミっぽいニキビ跡である色素沈着の原因と改善方法

茶色いシミっぽいニキビ跡である色素沈着の原因と改善方法

 

「ようやくニキビが治ったつ思ったらつかの間...なんだか茶色いシミっぽい跡が残った...」

 

など、出来てしまったニキビが治ったと思い、ニキビ跡の放置による油断で色素沈着でできてしまう茶ニキビ跡。なんだか痛々しいし、メイクで隠すのも大変だし...これなんとかならないの!?っとお思いの方も多いと思います。

 

これは、黒い色素メラニンの影響による色素沈着です。メラニンは、日焼けやシミの原因としてよく知られていますが、本来は紫外線をはじめとする外部の刺激からお肌を守る役割があります。色素沈着であれば比較的消しやすいのですが、クレーター状、アイスピック状の深いニキビ跡として残ってしまうと、セルフケアできれいにするのはほとんど不可能になりますし、ダメージの強さによっては一生残ってしまう可能性もあるので要注意です。

 

茶色いシミっぽいニキビ跡である色素沈着の原因

憎きニキビ跡が茶色っぽいシミになるのは、お肌で生成されたメラニンが原因です。では、このメラニンはなぜ作られるのでしょう。ニキビでアクネ菌が繁殖して炎症が起こると、お肌はアクネ菌を殺菌して鎮めるために活性酸素を生成して対抗します。

 

アクネ菌からお肌を守るために作られる活性酸素は、アクネ菌と同時にお肌の細胞も攻撃する性質を持っています。
健康な肌であれば多少のメラニンが産生されてもターンオーバーによって徐々に排出され、白い肌に戻っていきますが、炎症が悪化して肌の奥にある真皮までもダメージを受けた場合には、メラニン色素の色が残ってしまうのです。ニキビによって細胞が壊れている状態では、お肌のターンオーバーが正常に行われず、メラニンが過剰に残った結果、茶色い色素沈着となってしまいます。

 

とても大事なお肌のターンオーバーを乱す生活習慣とは!?

ターンオーバーを乱す原因の多くは、生活悪習慣にあります。本来、人間の身体は正常なターンオーバーを行なおうとしているものの、それを邪魔する行為・習慣を身につけてしまうことで、お肌の新陳代謝を乱してしまうのです。

 

  • 血行不良
  • 睡眠不足
  • ストレスが多い
  • 栄養不足
  • 間違ったスキンケア

 

血行不良が続くとが、細胞が飢餓状態になります。そうして働きが悪くなるため、通常であれば28日で生まれ変わる理想のターンオーバーのリズムが遅れてしまいます。
睡眠不足も美肌の大敵。お肌の再生能力が活発になるのは、夜に眠っている時間帯です。睡眠不足によってターンオーバーが乱れ、お肌の再生が行なわれなくなります。
睡眠不足や栄養不足に並んで、お肌トラブルの原因となるのがストレスです。ストレスを受ける・溜め込むことでホルモンバランスが崩れ、お肌にさまざまな悪影響を及ぼすのです。
その他、食生活の乱れや日焼け、間違ったスキンケアによっても、ターンオーバーは乱されていきます。

 

茶色いシミっぽいニキビ跡である色素沈着の改善方法

純粋に色素沈着のみの場合なら、長い時間をかけてケアをすれば少しずつ薄くしていく事は可能です。茶色いシミの色素沈着は先ほど説明したターンオーバーの正常化に加えて、スキンケアに美白成分を加えることでより効果が出やすくなります。茶色いシミはメラニンが肌に沈着している状態なので、ターンオーバーにより肌の新陳代謝を促すことで、少しづつメラニン色素を肌から剥がしていき薄くすることができます。

 

以下は、茶色いシミの色素沈着に効果の高い美白成分です。

 

  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン
  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • カモミラエキス
  • プラセンタエキス
  • ルシノール

 

美白成分のスキンケア茶色いシミっぽいニキビ跡を薄くすると同時に、メラニンの生成を抑えてニキビやニキビ跡のできにくい肌を作っていくけば大丈夫です。

 

ピーリング化粧品も茶色いシミに効果あり!?

美白成分と一緒に使うことで茶色いシミをより効果的に改善できるものが、ピーリング化粧品です。酸性の薬剤を使って古い角質を溶かすピーリング化粧品には、ターンオーバーを促進すると同時に美白成分の浸透を助ける働きがあります。

 

・ピーリングの効果とは!?
「ピーリング」とは、英語で「果物などの皮を剥く」ことを意味する「peel」から来ています。ピーリングの主な効果として酸などを用いて厚く硬くなった角質を取り除くことが挙げられます。
加齢や不規則な生活で肌のターンオーバーが低下すると、古い角質が溜まって厚く硬くなってしまいます。この古い角質をピーリング剤で取り除く事によって、肌のターンオーバーを促し、肌を再生させます。

 

主な効果として

毛穴の黒ずみやシミ・くすみを改善

しわやたるみの改善

ニキビ跡の改善

 

またこれ以外にも肌のくすみがとれ美容液の成分が浸透しやすくなる効果もあります。

 

まとめ

いかがでたでしょうか!? 茶色いシミっぽいニキビ跡が出来てしまったと嘆く前に、これらのケアを根気よく行うことで必ず薄く改善されていきます。

 

まとめると...

 

  1. 美白成分のスキンケアを徹底する
  2. 徹底保湿でターンオーバーを改善
  3. 肌への刺激を極力減らしてメラニンの生成を抑える
  4. ピーリングも効果的に取り入れる

 

茶色いシミっぽいニキビ跡は、以上の4つのポイントを意識しながら普段のケアをしていきましょう。ただし、色素沈着がお肌の奥の真皮にまで達してしまうと、セルフケアでは太刀打ちできませんので、皮膚科専門医のいるクリニックでケアしてもらうことをおすすめします。

 


関連ページ

赤みのあるニキビ跡の原因って!?消す方法は継続的なケアのみ
ニキビの炎症が治ったとしても、放置していると、ニキビ跡に赤みが残ってしまうことがあります。この赤みのあるニキビ跡に重要なのは継続的なケアです。ここで、その赤みのあるニキビ跡の原因と消す方法をご紹介します。
クレーター(凸凹)ニキビ跡の原因とケア方法!
クレーターのニキビ跡は、凹凸のあるボコボコのニキビ跡のことで、特に治りが遅いことで知られています。ここではクレーターのニキビ跡の原因とケア方法対を解説します。
ケロイド状のニキビ跡は体質の問題!?未然に徹底予防する方法まとめ
セルフケアでは根治が不可能だといわれるケロイド状のニキビ跡は体質=遺伝的な要素があるのです。未然にニキビや傷跡を増やさない予防策が唯一の方法です。ここでは、クレーターニキビ跡の原因や徹底予防策をご紹介しています。
このページの先頭へ