MENU

ニキビ跡を消すために心がけたい食べ物とは!?

 

日々の食生活を見直し、効果的な食材を効率よく摂取する事は、肌荒れを予防したり、健康的な体作りには非常に効果的な方法です。食生活の乱れはニキビや肌荒れと直接関わってきます。食生活を整えることで、ニキビ跡改善をしていきましょう。

 

ニキビ跡を改善しニキビができにくいお肌にするには、どのような栄養素が必要なのでしょうか!?食環境を改善していくことで、これまでのライフスタイルを見直す良いきっかけになるとともに、美肌・健康も習慣をものにしましょう。

 

 

お肌のターンオーバーを助ける食べ物や成分

 

ビタミンA

βカロチンは古くなった角質が剥がれ落ちるのを促す働きがあり、潤いもアップさせます。

 

ビタミンC

ビタミンCはターンオーバーを促すだけでなく、ニキビ跡や色素沈着など美白対策にも効果的です。

 

ビタミンE

血流を促進して栄養素を隅々まで行き渡らせ、ターンオーバーを助けます。他のビタミンの効果をサポートする働きがあるため、ビタミンCなどと併せて利用すると良いでしょう。

 

ビタミンB2,B6

体内の過酸化脂質の発生を防ぎ、たんぱく質を分解して脂質の代謝を良くするターンオーバーを整えるのに効果的です。

 

 

タンパク質やオメガ3系脂肪酸、亜鉛や鉄分などのミネラルも積極的に摂取する

タンパク質はコラーゲンを生成するのに不可欠な栄養素です。ビタミンCと一緒に摂取することで吸収率が高まり、真皮層のコラーゲン生成を効率的に行います。

 

オメガ3系脂肪酸は血流を改善し、栄養素を細胞の隅々まで届けてお肌の生まれ変わりを促します。

 

亜鉛は健康的な肌を保つために必要な栄養素。新陳代謝を高める働きがあり、肌荒れに効果的。また、亜鉛にはデトックス効果もありますので、これも吸収率が高まるビタミンCと一緒に摂取することをオススメします。

 

注意!お菓子やファーストフードなどは極力控えること!

 

普段の食生活の中で意識しないと癖になりがちなのが、炭水化物・揚げ物・甘い物を摂取すると血液中の中性脂肪が上がり、皮脂の過剰分泌に繋がります。

 

  • 加工食品やファーストフード、アルコールの摂取をできるだけ控える
  • 余計な間食や偏食をできるだけ避ける

 

このように日常の生活をに陥りがちな罠を意識的に排除していくことを心がけましょう。

 

 

まとめ

毎日の食生活を改善したからといって「ニキビ」や「ニキビ跡」ができないわけじゃなくあくまで最低限しておきたい予防方法です。
食環境を改善していくことは今後の生活をしていく中であらゆる人間のカラダ(資本)作りの基本となります。

 

普段から忙しい毎日と誘惑にさらされる現代人にとって、一番大切なものをニキビ跡の改善とともに気付いて改善していきましょう。


関連ページ

ニキビ跡の原因と仕組み
あなたは軽視しがちかもしれませんが、ニキビや、ニキビ跡は思ったより複雑な病気です。皮脂(毛穴から出るあぶら)、毛穴のつまり、ニキビ菌など・・・原因は一つではありません。ニキビ跡を早くきれいに治すためにも、まずはニキビ跡の原因と仕組みを理解しましょう!
ニキビ跡のしこりの原因と改善方法
あなたは軽視しがちかもしれませんが、ニキビは思ったより複雑な病気です。ニキビ跡がしこりになってしまうのは、真皮や皮下組織にまでダメージを受けた肌が再生しようと頑張り過ぎるためです。そのニキビ跡のしこりの改善方法をご紹介します。
ニキビ跡を改善する秘訣の一つは良質な睡眠
睡眠不足が招くお肌のトラブルは様々なものがあるのはもはや常識。それも、単に肌荒れを起こすといったレベルではなく、慢性睡眠不足はニキビに直結してしまいます。ニキビ跡を改善する良質な睡眠についてご紹介します。
このページの先頭へ