MENU

ニキビ跡を改善する秘訣の一つは良質な睡眠

良質な睡眠

 

睡眠不足が招くお肌のトラブルは様々なものがあるのはもはや常識。それも、単に肌荒れを起こすといったレベルではなく、慢性睡眠不足はニキビに直結してしまいます。

 

基本的に日中のダメージを受けた肌は睡眠中に再生していきます。、睡眠リズムが乱れれば肌の再生力は大きく低下してしまいます。

 

さらに、睡眠不足そのものが大きなストレスとなり、自律神経系の交感神経が優位になってしまいます。身体の再生メカニズムであるターンオーバーは私たちが寝ている間に行うようになっているのです。

 

質の高い睡眠は、ターンオーバーが正常に整えられるために必要なのです。正常に整えられたターンオーバーを繰り返すことで、ニキビ跡の改善が行えるのです。

 

睡眠中の人の肌では何が起きている!?

 

たとえば夜更かしをした翌日、一日中カラダがダルかったり、頭痛がしたりするなど体調が悪くなりがちなのは誰しもが経験済だと思います。

 

この不調の原因は、夜寝ているあいだには、肌を含む体全体が修復作業中だからなのです。
修復は血液を通して行なわれるのですが、起きて活動している日中は、血液のほとんどが脳に集中しています。

 

そのため、肌には栄養が行き渡りません。寝ると、血液は体の各所に流れ始め、肌にも栄養が行き渡るようになるのです。

 

さらに、眠り始めの約3時間のうちに成長ホルモンの分泌が盛んになると言われています。この成長ホルモンによって、肌内で細胞分裂が起こっているのです。肌や内臓の修復にはトータルで、最低でも6時間くらいはかかっているといわれているので、睡眠が6時間より短くなると、誰でも肌荒れの可能性が一気に高まるということです。

 

 

肌の再生に、毎晩このようなサイクルが行なわれているので日々の睡眠がいかに大切かがわかると思います。

 

よく耳にする「お肌のゴールデンタイムの重要性」

夜22:00~深夜2:00は、お肌のゴールデンタイムとされ、その間の睡眠をとるのが肌トラブルを防ぐルールとはよく耳にするお話です。
これは原子の時代から人間の体に刻まれた体内時計(サーカディアンリズム)にしたがった生活をすべきという説にもとづいたものです。

 

ところが、現代社会でこれを実践するのは、なかなか困難であるともいえます。今の現代人の生活で考えると、およそ日付がかわる午前0時から半までに寝るようにすれば大丈夫でしょう。

 

また、就寝時間を一定させることも大切で、毎日ベッドに入る時間が異なるのは、体内時計を乱すのでよくありません。成長ホルモンは、体内時計の影響を大いに受けていますので、寝る時間が毎日異なると、成長ホルモンがスムーズに分泌されなくなるのです。

 

なので、毎日遅くとも午前0時半までの、同じ時間に寝るようにすると、肌の状態も良くなり ニキビができにくくまた改善していくことになります。

 

まとめ:良質な睡眠の秘訣は寝る前の準備にあり

忙しい日々が続くと、中々睡眠の確保も難しい状況が続くこともあります。しかし、次のことを心掛けるだけで眠りの質が良くなり、ニキビ跡の改善に繋がる成長ホルモンの分泌を手助けできます。ぜひ実行してみてください。

 

就寝前に食事をしてしまった場合は、軽く運動するなどして、できるだけ血糖値を下げる

 

就寝前に1時間程ゆっくりと湯船に浸かり、身体を温めて寝やすい状態にカラダを持ってくる

 

これだけでも心懸ける用にしましょう。睡眠不足が続くと、肌の再生に必要なターンオーバーが起こりにくくなること、そして睡眠不足そのものがストレスとなってニキビの出来やすい状態になるということをしっかりと意識しておきましょう。

 


関連ページ

ニキビ跡の原因と仕組み
あなたは軽視しがちかもしれませんが、ニキビや、ニキビ跡は思ったより複雑な病気です。皮脂(毛穴から出るあぶら)、毛穴のつまり、ニキビ菌など・・・原因は一つではありません。ニキビ跡を早くきれいに治すためにも、まずはニキビ跡の原因と仕組みを理解しましょう!
ニキビ跡のしこりの原因と改善方法
あなたは軽視しがちかもしれませんが、ニキビは思ったより複雑な病気です。ニキビ跡がしこりになってしまうのは、真皮や皮下組織にまでダメージを受けた肌が再生しようと頑張り過ぎるためです。そのニキビ跡のしこりの改善方法をご紹介します。
ニキビ跡を消すために心がけたい食べ物とは!?
肌に良い食事の決め手は“栄養バランス”です。現代の食生活では過剰に摂取しやすい炭水化物や糖質、脂質をできるだけ控え、数多くの食品からバランス良く栄養素を摂取する必要があります。またニキビ跡を治すために有効とされる栄養素を多く含んだ食べ物を意識的に摂取して、身体の中からお肌を健康に導きましょう。
このページの先頭へ